プロフィール

TAKU_ANDO_PRJ_Profile_01

Taku Ando, PhD/ 安藤 卓
Dance artist/ Dance researcher

「運動感覚イメージ」を基盤とするダンスの創作法、およびその教授法の研究開発プロジェクトと学術論文を発表し、2014年に博士号を取得。コンテンポラリーダンステクニックを用いた「動きによる表現」を段階的に、機能的に実現することを可能にする「コリオロジカル スタディーズ」の分野を広める。2007-2014 Trinity Laban Conservatoire of Music and Dance(London)においてゲストレクチャー。振付におけるムーブメントの生成、動作分析と空間構成の理論を創作の現場で実践する方法を指導する。ダンスインプロヴァイゼーションMIX主催(2013-)。
東京大学教育学部非常勤講師。

2014: PhD in Creative Practice[Dance] 博士過程終了 [ダンス創作/理論/教授法]
「Kinesthetic Imagery and Choreographic Praxis」運動感覚イメージを基にするダンス創作法の理論化と教授法の開発。
2009-2012: Research Degree Programme 博士課程前期終了
2010-2012: Specialist Diploma in Choreological studies
2006-2009: Independent Study Programme Certificate at Trinity Laban
2005-2006: Professional Diploma in Dance Studies at Trinity Laban
2003: 国際基督教大学人文科学科卒

受賞
2007: The Sylvia Bodmer Memorial Fund Award prize for outstanding achievement in Choreological Studies
2012: The Specialist Diploma in Choreological Studies with Distinction
2013: The Lesley-Anne Sayers Research Award

出版
2014: Jonathan Owen Clark(1), Taku Ando(2) (2014).「Geometry, embodied cognition and choreographic praxis」, International Journal of Performance Arts and Digital Media, Volume 10, issue 2. pages 179-192.

学会
2009: Laban International Conference, London, UK

Taku Ando

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし